読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トヨタ、水素エンジン車で2回目のレース出場…5時間耐久…二酸化炭素の排出ほとんどなし

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

レースで走る水素エンジン車(31日、大分県で)
レースで走る水素エンジン車(31日、大分県で)

 トヨタ自動車が開発を進める水素エンジン車は、31日から大分県日田市で開かれている5時間耐久の自動車レースに出場した。燃料となる水素の一部は、大林組が同県九重町の実証施設で地熱発電を利用して製造。脱炭素社会に向け、新たなエンジン技術と水素の「地産地消」をアピールした。

 地熱発電を利用した水素は、製造過程でも二酸化炭素(CO2)を出さない「グリーン水素」とされ、レースで使われる水素量の約30%をまかなう。ドライバーの一人として参加するトヨタの豊田章男社長は、レース前の記者会見で「再生エネルギーの選択肢を広げる行動だ」と意欲を示した。

水素を充填する水素エンジン車(31日、大分県で)
水素を充填する水素エンジン車(31日、大分県で)

 水素エンジンの構造はガソリンエンジンとほぼ同じだが、CO2をほとんど排出しない。水素エンジン車は5月に静岡県で行われた24時間耐久レースで完走。2戦目のレースとなる今回は、車両の軽量化や水素の 充填じゅうてん 時間の短縮などに取り組んだ。1日に決勝が行われる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2251835 0 経済 2021/07/31 23:39:00 2021/07/31 23:39:00 2021/07/31 23:39:00 レースで走る水素エンジン車(31日、大分県で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210731-OYT1I50149-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)