読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ヤマト、引っ越し事業子会社株をアートに売却…過大請求発覚で業績低迷

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宅配大手のヤマトホールディングス(HD)は2日、引っ越し事業を手がける100%子会社「ヤマトホームコンビニエンス」の株式の51%を、引っ越し大手のアートコーポレーション(大阪市)に売却すると発表した。ヤマトホームは2018年に法人向け引っ越し代金の過大請求が発覚して以降、業績が低迷しており、アート主導で立て直しを図る。

ヤマトHD
ヤマトHD

 来年1月17日に譲渡する。売却額は公表していない。ヤマトホームの21年3月期の業績は、売上高にあたる営業収益が268億円、本業のもうけを示す営業利益は56億円の赤字だった。営業赤字は3年連続となる。

 ヤマトHDとアートは昨年10月から引っ越し事業の協業を検討していた。アートは大型家具・家電の配送に強みを持つヤマトホームのノウハウを生かし、収益拡大を目指す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2255701 0 経済 2021/08/02 20:31:00 2021/08/02 22:04:48 2021/08/02 22:04:48 ヤマト運輸宅急便センター。東京都内で。2021年4月18日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210802-OYT1I50147-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)