読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ソフトバンクG、スイス製薬大手ロシュに5500億円投資…コロナ抗体検査薬など好調

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトバンクグループ(SBG)が、スイス製薬大手ロシュの約50億ドル(約5500億円)の株式相当分を取得したことが4日、わかった。

 関係者によると、SBGが昨年設立した上場企業を対象とする投資子会社を通じてロシュに投資した。SBGは「コメントを控える」としている。

 ロシュは、新型コロナウイルスの抗体検査薬や検査機器などの販売が好調で、株価は上昇傾向にある。時価総額は約3400億ドルに上る。SBGは主力の投資ファンド事業でも、新興の創薬やヘルスケア関連企業への投資を拡大している。

 SBGによる大手企業への投資額としては、米アマゾン・ドット・コムの約62億ドル(3月末時点)に次ぐ規模となる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2262015 0 経済 2021/08/04 22:08:00 2021/08/04 22:20:20 2021/08/04 22:20:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)