読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

楽天G、6月中間は最終赤字654億円…携帯基地局投資が重荷

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 楽天グループが11日発表した2021年6月中間連結決算(国際会計基準)は、最終利益が654億円の赤字(前年同期は274億円の赤字)だった。中間期の最終赤字は2年連続。昨年4月に本格参入した携帯電話事業の基地局整備などの先行投資が依然として重荷となっている。

楽天Gの三木谷浩史会長兼社長
楽天Gの三木谷浩史会長兼社長

 本業のもうけを示す営業利益は1008億円の赤字(同207億円の赤字)となった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2277097 0 経済 2021/08/11 15:24:00 2021/08/11 15:26:32 2021/08/11 15:26:32 楽天モバイルの新料金プランを発表する、楽天の三木谷浩史会長兼社長。新プランでは月間のデータ使用量が20ギガ・バイト(GB)以下の小中容量の携帯料金を、4月1日から大幅に引き下げる。東京都港区で。2021年1月30日朝刊「楽天 大手3社に対抗 20ギガ月1980円 新プラン 1ギガ以下無料」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210811-OYT1I50095-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)