ワタミ社員「原則ワクチン接種」へ…11月から段階的に導入

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外食チェーン「ワタミ」が、新型コロナウイルスのワクチンを原則として接種するよう社員に働きかけることがわかった。望まない場合、代わりに定期的に検査を受けてもらう。接種した社員を増やすことで、利用者に安心を提供する狙いがある。

町が4630万円誤送金、返還拒否男性の弁護士「使い道確認できてない」「スマホで送金と聞いた」
ワタミの渡辺美樹会長
ワタミの渡辺美樹会長

 対象は国内社員の約1500人で、約7000人のアルバイトについても検討する。接種を終えた社員や検査で陰性が確認された社員は何らかの表示をつけ、利用者の目に留まるようにする。まずは11月から新たに出店を始める新業態の飲食店で導入し、段階的にグループ全店に広げる考えだ。

 ワクチン接種の義務化の動きはグーグルやウォルト・ディズニーといった米企業で幅広く広がる。感染力の強いインド由来の変異ウイルス「デルタ株」の広がりで感染者数が再拡大する一方で、接種が頭打ちになりつつあるためだ。

 国内企業は、本人の意思を尊重するという考え方が根強く、従業員に接種を強く求めることは難しいとみられている。政府の新型コロナ対策の基本的対処方針も、「最終的には個人の判断で接種されるもの」とする。ワタミの接種働きかけは、他企業に影響を及ぼす可能性がある。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2296002 0 経済 2021/08/18 21:38:00 2021/08/18 21:38:00 2021/08/18 21:38:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210818-OYT1I50157-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)