読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナで百貨店不振、全従業員の7割に解雇通知…市長「にぎわい支えてきた大きな存在」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 青森県八戸市の百貨店「三春屋」が、新型コロナウイルスの感染拡大などで経営不振になり、全従業員約140人の約7割にあたる約100人に解雇通知を出したことが23日、わかった。従業員の労働組合は「希望退職者を募集するなど努力義務を果たしておらず、不当だ」と撤回を求めている。

従業員の大量解雇方針が波紋を広げている「三春屋」(23日、八戸市で)
従業員の大量解雇方針が波紋を広げている「三春屋」(23日、八戸市で)

 三春屋は市中心部の十三日町地区に立地。地上5階、地下1階で、1、2階が婦人服や雑貨、化粧品のフロア、3階が紳士服や子ども用品のフロアなどとなっている。地下の食料品売り場は買い物客の人気が高い。

 三春屋を経営する「やまき三春屋」によると、通知は11日付で、解雇日は9月10日付としている。

 土谷与志晴社長は読売新聞の取材に対し、「新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち、今秋に予定していた改装計画にも支障が出ている。経費削減に取り組んだが三春屋ののれんを残すため、さらに人件費削減が必要」と述べた。希望退職を募らなかった点には「それほど財務状況が 逼迫ひっぱく している」と釈明。従業員の再就職は「積極的に支援したい」としている。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2309790 0 経済 2021/08/24 11:25:00 2021/08/24 12:12:12 2021/08/24 12:12:12 従業員を大量に解雇する方針が波紋を広げている「三春屋」(23日、八戸市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210823-OYT1I50145-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)