空の冬ダイヤ、回復見込めない路線を減便…羽田―札幌などは回復見込み増便へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全日本空輸と日本航空は24日、2021年度下半期の国内線運航計画(冬ダイヤ)を発表した。新型コロナウイルスの感染再拡大で、旅客需要の回復が遅れ、全日空は羽田―広島など計12路線、日航も大阪(伊丹)―松山など計4路線で減便する。

日本航空
日本航空

 対象期間は、10月31日~来年3月26日。全日空はほかに伊丹―松山、羽田―富山、福岡―石垣など、日航は成田―伊丹や札幌(丘珠)―三沢などで減便する。搭乗率の回復が十分に見込めない路線を減便して経費を減らし、収支改善を図る。

ANA
ANA

 全日空は減便対象の一部となる、中部国際空港や福岡空港発着の4路線、計10便について、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションに移管し、効率的な運航も進める。

 全日空と日航は、新型コロナウイルスのワクチン接種拡大に伴い、観光需要が徐々に回復するとみており、早期の需要回復が見込める一部路線は増便を打ち出した。全日空が羽田―札幌など3路線、日航は伊丹―那覇など6路線をそれぞれ増便する。

 このほか、全日空は、好調な貨物専用便について、新たに香港向けなど、3路線で臨時便を飛ばすことも発表した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2311660 0 経済 2021/08/24 22:53:00 2021/08/24 22:53:00 2021/08/24 22:53:00 サムネ・JAL(日本航空)の機体(尾翼部分)。羽田空港で。2020年12月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210824-OYT1I50121-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)