読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「のぞみ」にテレワーク専用車両、10月から全便に導入…充電器・マウスの無料貸し出しも

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東海とJR西日本は26日、東海道・山陽新幹線「のぞみ」の東京―博多間で、10月からテレワーク専用車両を全便に導入すると発表した。テレワークをしやすい環境を整え、コロナ禍で低迷する新幹線の利用を促したい考えだ。

10月から新幹線に導入されるテレワーク専用車両(JR東海提供)
10月から新幹線に導入されるテレワーク専用車両(JR東海提供)

 各便の7号車を専用車両とし、9月1日からインターネットサービス「エクスプレス予約」と「スマートEX」で座席の予約を受け付ける。料金は普通車指定席と同額。一部の便の東京―新大阪間では、スマートフォンの充電器や小型マウスなどを無料で貸し出す。

JR東海が一部の新幹線車両で無料貸し出しする周辺機器
JR東海が一部の新幹線車両で無料貸し出しする周辺機器

 9月からはこのほか、東京駅などの待合室に半個室のブースを設ける。来年春以降には、一部の新幹線で7・8号車間の喫煙ルームを廃し、禁煙で打ち合わせなどができるスペースに改修する。

 JR東日本は東北新幹線で2月や6~7月に、テレワークができる専用車両を設ける実証実験を行った。私鉄も駅の定期券売り場をシェアオフィスに改装するなどテレワーク需要を取り込む動きが広がっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2316842 0 経済 2021/08/26 17:49:00 2021/08/26 23:45:15 2021/08/26 23:45:15 JR東海が10月から設定する新幹線のビジネス専用車両(JR東海提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210826-OYT1I50196-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)