読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

阪急阪神百貨店を傘下に持つH2O、関西スーパーを子会社化へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは、関西を地盤とする中堅食品スーパーの関西スーパーマーケットを子会社化する方向で最終調整に入った。H2O傘下の食品スーパーとの経営統合を検討しており、31日に開く取締役会で決定する。コロナ禍で本業の百貨店事業が低迷しており、業績堅調な食品スーパー事業を拡大する狙いだ。

関西スーパーマーケットの店舗(30日、大阪市西区で)
関西スーパーマーケットの店舗(30日、大阪市西区で)

 H2Oは2016年、関西スーパーと資本提携した。関西スーパー株の約10%を保有する筆頭株主で、出資比率を50%以上に引き上げて子会社化し、傘下スーパーと経営統合する方向だ。

 H2Oは、傘下に中堅食品スーパーの「イズミヤ」と「阪急オアシス」を持つ。売上高が約1300億円の関西スーパーと経営統合すると、スーパー事業の売り上げは合算で約4000億円の規模となり、店舗数では240店を超えて関西ではトップ級になる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2327332 0 経済 2021/08/30 21:32:00 2021/08/30 22:04:12 2021/08/30 22:04:12 関西スーパー南堀江店の店舗(30日午後6時5分、大阪市西区で)=田畑清二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210830-OYT1I50149-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)