読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

渋沢栄一・東京駅の丸の内駅舎の新1万円札、印刷開始…企業の準備に活用

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立印刷局は1日、20年ぶりにデザインを一新する1万円札の印刷を始めた。2024年度上期(4~9月期)をめどに流通させるのを前に、自動販売機の改修など企業が準備するために活用する。

新しい1万円札の見本
新しい1万円札の見本

 新1万円札の表の肖像画は「日本の資本主義の父」と言われる実業家の渋沢栄一を採用し、裏には東京駅の丸の内駅舎をあしらった。5千円札の新紙幣では津田梅子(津田塾大学創設者)、千円札は北里柴三郎(細菌学者)をデザインしており、いずれも今秋から印刷する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2331750 0 経済 2021/09/01 15:05:00 2021/09/01 20:10:02 2021/09/01 20:10:02 2024年度上期をめどに発行される新しい1万円札の見本(9月1日午後2時54分、東京都北区で)=市原佳菜子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210901-OYT1I50113-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)