読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

電通が本社ビル売却、3000億円規模…売却益890億円見込む

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

電通本社ビル
電通本社ビル

 電通グループは3日、東京・汐留の本社ビルを30日付で売却すると発表した。売却先は非公表だが、不動産大手ヒューリックなどが出資する特別目的会社(SPC)とみられる。売却額は3000億円規模で、約890億円の売却益を見込んでいる。

 ビルは地上48階、地下5階建て。低層部の商業施設を除いて賃貸借契約を結び、引き続き本社として使う。電通はコロナ禍で広告が減少した影響で2020年12月期連結決算(国際会計基準)の最終利益が1595億円の赤字となり、構造改革を進めている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2338664 0 経済 2021/09/03 19:32:00 2021/09/03 19:32:00 2021/09/03 19:32:00 電通が売却を検討している汐留の本社ビル。旧国鉄の汐留貨物駅跡地の再開発で2002年に完成した。地上48階建てで、低層部には商業施設が入っている。東京都港区で。2021年1月20日撮影。同月21日朝刊「電通本社ビル 売却検討 3000億円規模 財務改善へ」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210903-OYT1I50140-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)