フィリピン航空が米国で破産法申請…コロナ禍で需要急減、運航は継続

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

フィリピン航空機
フィリピン航空機

 【バンコク=山村英隆】フィリピンの大手航空会社、フィリピン航空は4日、米連邦破産法第11章(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で、旅客需要が急減していた。運航は継続しながら、再建を目指す。

米感染症対策の司令塔、CDC日本事務所を新設の考え…バイデン氏が表明

 同社は、20億ドル(約2200億円)規模の債務を削減し、金融機関などから計6億5500万ドル(約720億円)の支援を受ける予定だ。保有機材は25%減らし、スリム化を図る。航空券や発行されたマイレージは引き続き有効だという。

 ANAホールディングス(HD)は、フィリピン航空の親会社と資本・業務提携を結んでいる。東南アジアの航空会社は、タイ国際航空が経営破綻するなど、コロナ禍で苦戦を強いられている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2340490 0 経済 2021/09/04 18:46:00 2021/09/04 18:46:00 2021/09/04 18:46:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210904-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)