読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】三菱商事、シェルと提携…脱炭素へカナダで発電用アンモニア製造

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三菱商事は英オランダ石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルと提携し、2020年代後半にカナダでアンモニアの製造を始める。日本の石炭火力発電所の燃料として使う計画で、投資額は1000億~2000億円に上る見通し。二酸化炭素(CO2)排出を減らせるアンモニア発電で、脱炭素を推進する。

 三菱商事とシェルのカナダ現地法人が、8月末までに覚書を結んだ。

 三菱商事がカナダ西部アルバータ州で製造設備を建設し、現地で調達した天然ガスから水素をつくる。水素は運搬が難しいため、空気の8割を占める窒素と反応させてアンモニアを年約100万トンつくり、電力会社向けに日本へ輸出する。

 国内の発電所で、アンモニア20%分を石炭に混ぜて燃やす。約70万世帯分の電力にあたる200万キロ・ワット分の発電所を稼働できる。石炭だけの場合と比べコストは2割増えるが、CO2排出量を2割減らせる。

 天然ガスから水素をつくる過程で発生するCO2は、シェルが開発中の地中貯留設備を使い、地下2キロ・メートルに閉じ込める。

 CO2を多く排出する石炭火力は世界的に逆風にさらされているが、アンモニアは既存の発電所で使える。将来的にはアンモニアの比率を半分以上に高め、アンモニアだけを燃やす発電技術の開発も進める方針だ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2349266 0 経済 2021/09/08 05:00:00 2021/09/08 07:10:32 2021/09/08 07:10:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210908-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)