読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「総合金融」目指すSBI、銀行は不可欠のピース…省庁OB招き周到準備

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 SBIホールディングスは新生銀行の子会社化により、手薄だった銀行事業の強化を目指す。国が新生銀の株式を約22%握っていることを踏まえ、金融庁や財務省の次官OBを経営幹部に招くなど、着々と手を打ってきた。新生銀内部には子会社化への反発があり、TOBが思惑通りに進むかは不透明だ。

「企業融資のツール」

SBIHDが入るビル(東京都港区)
SBIHDが入るビル(東京都港区)

 「企業融資のツールを手に入れれば、グループのさらなる成長につながる」。SBI幹部は読売新聞の取材に対し、新生銀の子会社化の意義を強調した。

 SBIは割安な手数料を武器に、ネット証券で700万超の口座を抱える最大手だ。三井住友信託銀行と折半出資する住信SBIネット銀行も低金利を前面に打ち出す住宅ローンが強みで、住宅ローンと関係が深い火災保険や団体信用保険も自社グループにそろえる。グループ全体の顧客基盤は3000万人を超える。

 ただ、ネット証券に比べて銀行は大手行に見劣りしている。住信SBI銀は住宅ローンが中心で、利幅の大きい企業向けの融資をいかに強化するかが課題だった。そこで、旧日本長期信用銀行が前身で、企業向け金融で実績がある新生銀に目を付けた。SBIグループを創業し、トップに君臨する北尾吉孝社長が目指す「総合金融グループ」に不可欠のピースだった。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2354869 0 経済 2021/09/09 22:21:00 2021/09/10 03:05:44 2021/09/10 03:05:44 SBI本社のある泉ガーデンタワー(9日午後、東京都港区で)=高市由希帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210909-OYT1I50138-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)