読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

サントリー新浪社長「45歳定年制」発言で炎上…「ちょっとまずかった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

サントリーHDの新浪剛史社長
サントリーHDの新浪剛史社長

 サントリーホールディングス(HD)の新浪剛史社長は9日、オンラインで開催された経済同友会の夏季セミナーで「45歳定年制にして、個人は会社に頼らない仕組みが必要だ」と述べた。

 SNS上などで批判が集まったことから、新浪氏は10日の記者会見で「定年という言葉を使ったのは、ちょっとまずかったかもしれない」と釈明。その上で、「45歳は節目で、自分の人生を考えてみることは重要だ。スタートアップ企業に行こうとか、社会がいろんなオプションを提供できる仕組みを作るべきだ。『首切り』をするということでは全くない」と述べた。

 新浪氏は、政府の経済財政諮問会議の民間議員を務めている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2358022 0 経済 2021/09/10 23:22:00 2021/09/11 07:19:22 2021/09/11 07:19:22 サントリーの新浪剛史社長。顔写真。東京都港区台場のサントリー本社で。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210910-OYT1I50153-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)