読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新生銀、TOB表明のSBIへの反論公表…「大株主という理由だけで提携は不可能」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新生銀行は16日、SBIホールディングスによる株式公開買い付け(TOB)を巡り、SBI側の説明に不正確・不十分な点があるとの反論を公表した。

新生銀行の本社(9日)
新生銀行の本社(9日)

 2021年に、SBIとライバル関係にあるマネックス証券と提携したことについて、「SBIは『何の連絡もなく業務提携に至った』としているが、当行から説明が行われていた」と強調した。「SBI証券も(提携の)有力な候補として検討した。大株主の子会社という理由だけでSBI証券を選定することは不可能。様々な軸で評価を行い、マネックス証券が選定された」とした。

 19年にSBIから提案された資本業務提携を拒否した理由として、「公的資金返済スキーム(枠組み)が含まれていた」ことを挙げた。(普通株を保有する)国に対し、一般株主から市場で買い取る価格よりも高い単価で返済する案で「現実的に実現不可能との結論に至った」としている。

 16日時点で、新生銀はTOBに対する賛否を明らかにしていない。SBI側にTOBの狙いなどを尋ねる質問状を送付し、回答を得た上で、意見を公表する見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2371581 0 経済 2021/09/16 16:00:00 2021/09/16 20:11:32 2021/09/16 20:11:32 新生銀行の本社(9日、東京都中央区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)