読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

終電繰り上げに五輪列車中止…今なお光る「スジ屋」の技

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 [New門]は、旬のニュースを記者が解き明かすコーナーです。今回のテーマは「スジ屋」。

 終電繰り上げや五輪用の臨時列車の運行中止。鉄道会社にとって今年は、幾度もダイヤを組み替える異例の年となった。そのダイヤの原案は今も、紙に線を引いて作られている。作業を担うのは、「スジ屋」と呼ばれる社員たちだ。

列車ダイヤグラム 紙に筋を引いて

 長さが3メートルもある着物の帯のような紙に、定規と鉛筆で細かい線が何本も引かれていく。折れ曲がり、交差するそれは、徐々に複雑な幾何学模様を形作る。

 東京都北区のJR東日本東京支社7階の輸送課。「これがダイヤグラムを作る作業です」。本社在来線輸送計画グループの三浦智志・副課長がこう言って、作業の一端を見せてくれた。

 ダイヤグラムは、ダイヤの元になる図表のこと。紙の左端にある縦軸には路線の駅名が順に記載され、上端と下端にある横軸には1分刻みで目盛りが打たれている。線は列車の動きを反映する。例えば、A駅を午後0時に出発し、B駅に15分後に着く列車は、縦軸の「A駅」と横軸の「午後0時」が交わる点から、「B駅」「0時15分」の交点に引かれた斜線で表される。

 ダイヤグラムは、「スジ屋」と呼ばれる運行計画担当者たちが作る。通常はコンピューター上で組むが、春のダイヤ改正の原案作りや事故復旧時は紙に筋を引く。小さな画面よりも紙の方が全体を一目で把握でき、変更点の比較もしやすいからだ。

 原案作りでは、相互乗り入れの状況や人口動態などを念頭に、現行のダイヤグラムに鉛筆や蛍光ペンで新たな筋を書き入れる。利用しやすく、乗員配置などが効率化できる最良の解はないか。ひたすら手を動かす。三浦副課長は「複雑に絡みあったダイヤを全自動では組めない。紙に筋を引く作業は今後もなくならない」と話す。

残り:1358文字/全文:2120文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2372921 0 経済 2021/09/17 05:00:00 2021/09/17 07:03:02 2021/09/17 07:03:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYT1I50152-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)