読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

個人の「現金・預金」過去最高1072兆円、コロナ禍で消費控え傾向

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本銀行が17日発表した2021年4~6月の資金循環統計(速報)によると、6月末時点で個人(家計部門)が保有する「現金・預金」は前年同期比4・0%増の1072兆円で、過去最高だった。コロナ禍で消費を控える傾向が影響し、残高が積み上がったとみられる。

日銀本店
日銀本店

 内訳は、現金が4・9%増の102兆円、預金が3・9%増の970兆円だった。現預金に加え、株式や債券、投資信託などを含む個人の金融資産全体も、6・3%増の1992兆円と過去最高だった。

 一方で、個人や企業の借金も増えた。借り入れ残高は家計で2・4%増の346兆円、企業(金融機関を除く)で1・7%増の461兆円だった。低金利でお金を借りやすくなっていることに加え、コロナ禍の長期化で資金繰りが苦しい企業が借り入れを増やしたとみられる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2373206 0 経済 2021/09/17 09:08:00 2021/09/17 11:50:32 2021/09/17 11:50:32 日銀本店。東京・日本橋で。2021年1月11日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210917-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)