マツタケ初競り、3本で83万円…1キロ換算で1185万円

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

83万円で競り落とされたマツタケ(丹波篠山市二階町の「近又」で)
83万円で競り落とされたマツタケ(丹波篠山市二階町の「近又」で)

 秋の味覚の王者・丹波篠山産マツタケが16日、兵庫県丹波篠山市の卸売市場に初入荷し、地元の老舗料理旅館が3本(計70グラム)を83万円で競り落とした。例年より約1週間から10日早く、長雨の影響もあって豊作が期待できるという。

 市中部の山で前日に採れたマツタケで長さ11~7センチ、直径6センチ。丹波篠山市場で7000円から始まり、毎年のように競り落としている料理旅館「 近又きんまた 」(二階町)が落札した。1キロ・グラム換算で約1185万円になる高値だった。

 丹波篠山産のマツタケは香りや味、歯ごたえの良さで名高く、江戸時代には将軍への献上品として珍重された。

 「近又」支配人の松尾健吾さん(38)は「コロナ禍で厳しい状況だが、丹波篠山をPRする意味でも競り落とせてよかった」とほっとした様子。さっそく焼きマツタケなどに調理して提供するという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2378519 0 経済 2021/09/19 10:49:00 2021/09/19 11:15:13 2021/09/19 11:15:13 83万円で競り落とされた丹波篠山産マツタケ(丹波篠山市二階町の「近又」で)=中野真一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210917-OYT1I50058-T-e1632017708230.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)