読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

伊藤忠、アジアでアニメ事業…第1弾は「ムーミン」配信やグッズ販売

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 伊藤忠商事はアジアで、アニメやキャラクターのライセンス事業を始める。関連するビジネスを手がける香港の企業などと合弁会社を設立した。第1弾として、北欧発の人気キャラクター「ムーミン」のアニメ配信やグッズ販売、カフェやテーマパークの展開を目指す。

「ムーミン」をデザインした家電やぬいぐるみ(伊藤忠商事提供)
「ムーミン」をデザインした家電やぬいぐるみ(伊藤忠商事提供)

 アジアで、アニメやキャラクターを商品化するライセンス市場は拡大している。特に中国では1995年以降に生まれた世代の人気が高く、2019年の市場規模は1・3兆円に拡大した。日本のアニメや漫画も人気で、海外展開したい企業も後押しする。

 合弁相手の香港企業は、中華圏でアニメやスポーツチームなどのライセンスを手がけている。伊藤忠は合弁会社の売り上げについて、5年後に100億円程度を目指している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2379584 0 経済 2021/09/19 21:45:00 2021/09/19 21:45:00 2021/09/19 21:45:00 伊藤忠は「ムーミン」などアニメやキャラクターのライセンス事業をアジアで始める(同社提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210919-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)