読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

基準地価0・4%下落、2年連続マイナス…最高価格地の「明治屋銀座ビル」は3・7%下落

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国土交通省が21日発表した2021年の基準地価(7月1日時点)は、住宅地、商業地、工業地などを含む全用途の全国平均が前年比0・4%の下落となり、2年連続でマイナスとなった。コロナ禍で宿泊や飲食などサービス業の低迷長期化が地価にも反映された。下げ幅は前年より0・2ポイント縮小した。

商業地で16年連続の最高価格地となった東京都中央区銀座2丁目の「明治屋銀座ビル」周辺(読売ヘリから)
商業地で16年連続の最高価格地となった東京都中央区銀座2丁目の「明治屋銀座ビル」周辺(読売ヘリから)

 商業地の全国平均は0・5%下落し、下げ幅は0・2ポイント拡大した。住宅地の全国平均は0・5%の下落だったが、下げ幅は0・2ポイント縮小した。

 コロナ禍前は商業地が地価上昇をリードしてきたが、外出自粛や飲食店の時短営業、訪日外国人客の激減で状況は一変した。一方、在宅時間が増えて住宅への関心が高まり、都市部で交通の利便性が高い住宅地が地価を下支えした。

 都市圏別でみると、東京圏の全用途平均はわずかな上昇が続いた。自動車など主要産業が好調な名古屋圏は前年の下落から今年は上昇に転じた。訪日外国人が激減した影響が大きい大阪圏は9年ぶりの下落となった。札幌、仙台、広島、福岡の地方4市が安定的に上昇している一方、4市以外では下落が続いている。

 商業地の最高価格地は、16年連続で東京都中央区銀座2丁目の「明治屋銀座ビル」だった。1平方メートルあたり3950万円で、前年と比べ3・7%下落した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2384212 0 経済 2021/09/21 16:50:00 2021/09/21 23:31:42 2021/09/21 23:31:42 2年連続で地価が下落した「明治屋銀座ビル」がある東京・銀座周辺***「明治屋銀座ビル」は、大通り沿い、画面中央(茶色のCartierのビルの2軒(3軒?)右隣の白い低層のビル)です。(15日午後1時30分、東京都中央区で、本社ヘリから)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210921-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)