読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

世界の経済成長率、今年は5・7%…コロナ再拡大でOECD見通し下方修正

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】経済協力開発機構(OECD)は21日発表した最新の経済見通しで、2021年の世界全体の経済成長率を前年比5・7%増とした。新型コロナウイルスの感染再拡大で景気回復の勢いが弱まっているとして、今年5月時点の見通しから0・1ポイント下方修正した。

 米国は0・9ポイント下方修正して前年比6・0%増、英国は0・5ポイント下げて同6・7%増、日本は0・1ポイント下方修正して同2・5%増とした。一方、感染拡大が比較的抑制されている独仏などユーロ圏は1・0ポイント上方修正し、同5・3%増とした。

 22年の世界の成長率は0・1ポイント上方修正し、21年比4・5%増と予想した。

 OECDは「(感染力の強いインド由来の変異ウイルス)デルタ株は、ワクチン接種率の高い国では経済的影響が穏やかな一方、短期的な経済成長の重しとなる兆しを見せている」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2384865 0 経済 2021/09/21 20:20:00 2021/09/21 20:25:40 2021/09/21 20:25:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)