読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

TPP参加申請の台湾「中国が先に参加すればリスク」と危機感

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【台北=杉山祐之】台湾行政院(内閣)の トウ振中ドンジェンジョン 政務委員は23日、台湾が環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を正式申請したことに関する記者会見で、「TPPへの参加は、経済貿易面において、世界貿易機関(WTO)加盟に続く最も重要な行為だ」と強調した。参加が実現すれば、国際社会での活動空間拡大という台湾の基本戦略上、歴史的な意義があるとの考えを示したものだ。

台湾行政院の記者会見(23日)=行政院提供
台湾行政院の記者会見(23日)=行政院提供

 トウ氏は、16日に参加申請した中国について、「台湾の国際空間拡大を一貫して阻止している」と指摘し、「中国が先に参加すれば、台湾にはリスクとなる」と強い警戒感を示した。TPPへの参加は全加盟国の同意が必要で、中国が先に参加した場合、台湾の加盟の可能性がほぼ消えるためだ。

 トウ氏は会見で、2011年の東京電力福島第一原子力発電所の事故以来、台湾が続ける福島など日本の5県産食品の輸入禁止措置について、「住民の健康を最重視し、科学的根拠、国際ルールに基づく原則で処理する」との方針を示した。

 この問題は、日台間のTPP交渉の焦点になるとみられている。「科学的根拠に基づく処理」は日本側が一貫して求めてきたものだ。トウ氏は「交渉の過程で適切な方法を見つけ出せる」と語り、輸入再開に柔軟な姿勢を見せた。

 台湾の 蔡英文ツァイインウェン 総統は23日、ツイッターに日本語で、「我々はすべてのルールを受け入れる用意がある」と投稿し、早期参加に向けて日本の支持を求めた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2389933 0 経済 2021/09/23 22:35:00 2021/09/23 22:35:00 2021/09/23 22:35:00 23日、台北市で開かれた行政院の記者会見=行政院提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210923-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)