読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

みずほ銀「外貨建て送金」でシステム障害、月内に終わらない可能性…今年8回目トラブル

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 みずほ銀行で30日、外貨建て送金の一部で処理が遅れる障害が起きた。30日付の約380件に遅れが生じ、一部処理は同日中に終わらない可能性があるという。同行での障害は今年に入って8回目。原因や影響を調べている。

みずほ銀行
みずほ銀行

 みずほ銀によると、30日午後1時ごろ、外国為替取引のシステムで障害を確認した。個人、法人ともに外貨建ての送金や着金(受け取り)が正常に処理できなくなったという。30日は決済が集中しやすい年度上半期の末日だった。みずほは処理が終わっていない取引は個別に対応するとしている。

 みずほでは今年2~3月の現金自動預け払い機(ATM)などでの計4回の障害に加え、6月に再発防止策を公表した後の8~9月にも障害が発生した。外貨建て送金では今年3月にも300件程度の取引に遅れが出るトラブルがあった。

 金融庁は9月22日、みずほ銀と、親会社のみずほフィナンシャルグループに対して業務改善命令を出し、事実上、金融庁の管理下でシステムを更新していくよう求めたばかりだった。

 30日の障害の問い合わせは0120・324・776。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2408154 0 経済 2021/09/30 20:45:00 2021/09/30 22:05:22 2021/09/30 22:05:22 みずほ銀行。東京都内で。2021年4月7日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210930-OYT1I50138-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)