読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

内部告発のフェイスブック元社員「子どもへの精神的苦痛を看過」…上院公聴会で証言

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】SNS大手米フェイスブック(FB)の元社員女性が5日、米議会上院の公聴会に出席し、FBが子どもへの悪影響をはじめ自社に不都合な調査結果を隠したと証言した。「FBは安全性よりも利益を優先し、巨大企業になった」と企業体質を批判し、与野党いずれの議員からも監視強化を求める声が相次いだ。

米議会で証言するフェイスブック元社員のハウゲン氏(5日、ロイター)
米議会で証言するフェイスブック元社員のハウゲン氏(5日、ロイター)

 証言したのはFBで偽情報対策などを担当していたフランシス・ハウゲン氏。FB傘下の写真共有アプリ大手「インスタグラム」について、子どもに精神的苦痛を与えるという調査結果をまとめながら看過したことなどを米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に内部告発し、米国で注目を集めている。報道によると、子どもが自身の体格を他人と比べて自己嫌悪を強め、自殺願望につながるケースもあるという。

 ハウゲン氏は公聴会で、子どもの保護や偽情報対策が軽視されてきたことを主張。そのうえで、「FBは子どもに有害で、分断をあおり、民主主義を弱体化させている」として、規制強化の必要性を訴えた。FBは子ども向けインスタグラムの開発を進めていたが、批判を受け中断している。

 民主党のリチャード・ブルーメンソール議員は「FBは子どもに(利用の)中毒性を与えることを知っていた」と指摘した。証券取引委員会(SEC)などによる調査や、FBのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)に対する公聴会での証言も求めた。

 一方、FBは同日、ハウゲン氏が子どもの安全問題などを担当していなかったとし、「証言内容には同意できない」と反論した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2421811 0 経済 2021/10/06 10:41:00 2021/10/06 10:48:32 2021/10/06 10:48:32 Former Facebook employee and whistleblower Frances Haugen testifies during a Senate Committee on Commerce, Science, and Transportation hearing entitled 'Protecting Kids Online: Testimony from a Facebook Whistleblower' on Capitol Hill, in Washington, U.S., October 5, 2021.  Matt McClain/Pool via REUTERS https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211006-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)