「タスポ」26年3月末で終了、通信回線サービス終了で継続困難に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本たばこ協会と全国たばこ販売協同組合連合会は8日、たばこを自動販売機で購入する際に必要となる成人識別用ICカード「taspo(タスポ)」のサービスを、2026年3月末に終了すると発表した。タスポで使用している通信回線サービスがこの時期に終了するため、継続は困難だと判断した。

ICカード「taspo(タスポ)」対応の成人識別たばこ自動販売機
ICカード「taspo(タスポ)」対応の成人識別たばこ自動販売機

 タスポは20歳未満の喫煙を防止するため、08年に導入された。26年4月以降も自動販売機の稼働を希望するたばこ販売店は、財務省が認定する成人識別装置を取り付ける必要があるという。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2429384 0 経済 2021/10/08 15:22:00 2021/10/09 17:39:32 2021/10/09 17:39:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211008-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)