読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米ボーイング、従業員12万5千人に接種義務付け…順守しなければ「解雇される可能性」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】米航空機大手ボーイングは13日、米国内の従業員約12万5000人に対し、新型コロナウイルスワクチンの接種を義務付ける方針を明らかにした。12月上旬までに接種証明書の提示を求める。

コロナワクチン
コロナワクチン

 米メディアによると、ボーイングは社内向けに「要件の順守が雇用の条件」と説明し、「要件を満たせない従業員は解雇される可能性がある」と言及しているという。

 米国ではIT大手などで従業員にワクチン接種を義務付ける動きが広がっている。ユナイテッド航空が、従わなかった従業員の解雇手続きを進めるなど、厳しい措置に踏み切る例も出ている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2442882 0 経済 2021/10/14 10:59:00 2021/10/14 10:59:00 2021/10/14 10:59:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211014-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)