読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ドコモ通信障害、原因はネットワーク工事の失敗…200万ユーザーに影響

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NTTドコモで14日発生した大規模な通信障害は長期化し、「ガラケー」と呼ばれる旧来型の携帯電話で使われる通信規格「3G」ではつながりにくい状態が続いた。15日午後10時頃にすべて回復した。影響を受けたユーザーは少なくとも約200万に上り、さらに膨らむとみられる。電気通信事業法の「重大な事故」に当たる可能性があり、総務省も状況を注視している。

通信障害を受け、オンライン記者会見で陳謝するNTTドコモの田村副社長(中央)ら
通信障害を受け、オンライン記者会見で陳謝するNTTドコモの田村副社長(中央)ら

 15日に記者会見を開いた田村穂積副社長は「お客様や多くの方々にご迷惑、ご心配をおかけしていることをおわび申し上げます」と陳謝した。

 ドコモによると、障害は14日午後5時頃に発生した。原因は、あらゆるものをインターネットにつなぐ「IoT」機器のネットワーク工事の失敗だった。

 タクシーの電子決済や自動販売機などに使う通信サービスのサーバー切り替え工事を行っていたところ、想定以上に大量の機器情報がネットワーク上に放出された。通信網に負荷がかかり、障害が発生。ドコモはトラブルによる通信量の急上昇に対応するため、同5時40分頃から携帯利用者の通信に制限をかけた。

 その後、トラブルは同8時頃に解消し、ドコモは通信制限を一定程度緩和した。ただ、利用者が携帯を一気に使い始めたことで通信量が3倍に増え、多くの携帯でつながりにくい状態が続いた。現行の主流規格「4G」と高速・大容量通信規格「5G」の通信状態が完全に回復したのは、障害発生から12時間後の15日午前5時頃だった。

残り:426文字/全文:1171文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2447346 0 経済 2021/10/15 22:57:00 2021/10/19 08:50:35 2021/10/19 08:50:35 通信障害を受け、オンライン会見で謝罪するNTTドコモの田村副社長(中央)ら https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211015-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)