読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国経済の減速鮮明、コロナ再流行が影響…GDP伸び率が2四半期連続で減

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=小川直樹】中国国家統計局が18日発表した2021年7~9月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比4・9%増にとどまり、5%台を見込んでいた市場予想を下回った。中国経済の減速が鮮明になっている。

 GDPの伸び率は4~6月期(7・9%増)を下回り、2四半期連続の減速となった。足元の景気の動きを反映しやすい前期比では0・2%増で、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は0・8%増程度となる。

 中国では7、8月に新型コロナウイルスが再び流行し、厳格な行動制限が実施された結果、旅行や外食など消費が伸び悩んだ。9月には不動産大手、中国恒大集団の経営危機が深刻化し、マンション販売が低迷したほか、温暖化対策で中国各地で強制的な電力供給制限が広がり、工場の稼働率が低下した。

 中国政府は地方政府に公共工事などに充てる地方特別債の発行を急がせ、景気を下支えする構えだ。しかし、政府による不動産開発投資の抑制や電力不足により、景気が早期に回復軌道に戻るかどうかは不透明感が漂う。コロナ禍からの回復途上にある世界経済にも影響を与えそうだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2453068 0 経済 2021/10/18 22:21:00 2021/10/18 22:21:00 2021/10/18 22:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211018-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)