読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

今年度上半期の貿易収支、赤字3898億円…ワクチン含む医薬品輸入が44・7%増

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 財務省が20日発表した2021年度上半期(4~9月)の貿易統計(速報)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は3898億円の赤字だった。原油価格の高騰や医薬品の輸入が増え、半期ベースで2期ぶりの赤字となった。

財務省
財務省

 輸出額はコロナ禍により世界経済が停滞した前年の反動で、前年同期比34・2%増の41兆4648億円。コロナ禍前の19年度上半期比でも8・4%増だった。鉄鋼や自動車部品、自動車が全体を押し上げた。

 輸入額は30・3%増の41兆8546億円だった。原粗油が2・0倍になったほか、ワクチンを含む医薬品は44・7%増となった。

 同時に発表された9月の貿易収支は、6228億円の赤字だった。赤字は2か月連続となる。輸出が7か月連続で前年同月を上回る一方で、主力の自動車は部品不足に伴う減産の影響により40・3%減だった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2456300 0 経済 2021/10/20 09:03:00 2021/10/20 10:39:02 2021/10/20 10:39:02 財務省。東京・千代田区霞が関で。2021年5月15日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211020-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)