読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

郵便局内に無人ファミマ…空きスペース活用し食品や日用品販売、今月中に第1弾出店

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本郵政グループとファミリーマートが、全国の郵便局内に無人のコンビニエンスストアを設置することが20日、わかった。消費者の利便性を高めて郵便局の価値向上を図りたい日本郵政と、地方での店舗網を強化したいファミマの意向が一致した。

 第1弾として10月中に埼玉県川越市の郵便局に出店し、順次広げていく。郵便局内の空きスペースを活用し、ファミマで扱う食品や飲み物、日用品などを販売する方針。天井に設置したカメラや棚の重量センサーによって、客が手に取った商品を自動で検知し、セルフレジで決済する。営業時間は店ごとに検討する。

 全国に約2万4000の郵便局を持つ日本郵政は、郵便物の減少や少子高齢化が進むなか、ネットワークの維持に向けてサービス強化が課題だった。ファミマは無人店を既に都内などで3店開いているが、2024年度末までに1000店に拡大する目標を掲げており、郵政との連携で出店を加速させたい考えだ。

 両社は16年に金融分野で提携しており、協業を拡大させる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2458724 0 経済 2021/10/21 05:00:00 2021/10/21 06:59:10 2021/10/21 06:59:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)