読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

9月の消費者物価0・1%増、1年半ぶりに上昇…原油高騰が押し上げ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省が22日発表した9月の消費者物価指数(2020年=100)は、値動きの大きい生鮮食品を除く総合で99・8と、前年同月比で0・1%上昇した。プラスに転じるのは、昨年3月以来、1年6か月ぶり。原油価格の上昇で、エネルギー関連の品目が全体を押し上げた。

総務省
総務省

 品目別では、エネルギーが全体で7・4%上昇した。伸び率は、2018年11月以来の大きさとなった。灯油は20・2%、ガソリンは16・5%それぞれ上昇した。原油価格の変動が半年近く遅れて反映される電気代も4・1%上昇した。

 宿泊料は43・1%上昇。現在停止中の政府の観光支援策「Go To トラベル」で、前年に割安となった反動が大きく出た。生鮮食品以外の食料も、原材料価格の値上がりを受けて、食用油やマーガリンなどがじわりと上昇している。

 生鮮食品を含み、全体の物価の動きを示す総合は、0・2%上昇した。産地の天候不順でレタスなどの上昇が目立つ。

 携帯大手が今春以降に割安な料金プランを相次いで導入した影響で、携帯電話の通信料が44・8%下落した。通信料の寄与は大きく、これを除けば、消費者物価全体の上昇率はさらに大きくなる。

 ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎・経済調査部長は「原油価格の高騰が続いており、年末にかけて、物価の上昇はますます加速しそうだ」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2461904 0 経済 2021/10/22 08:42:00 2021/10/22 13:27:03 2021/10/22 13:27:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211022-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)