読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内大手8社の車減産130万台に、半導体不足や東南アジアでの感染拡大の影響続く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世界的な半導体不足や東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う自動車減産の影響が、国内大手8社で少なくとも計130万台に達することが各社への取材でわかった。8社の昨年度の世界生産は2335万台で、5%強が失われた計算となる。22日には日産自動車の新たな減産が明らかになっており、今後も規模が広がる可能性がある。

自動車メーカーでは減産が相次いでいる
自動車メーカーでは減産が相次いでいる

 日産の新たな減産計画では、10~11月の世界生産台数を計画から約3割減らす。具体的な台数は示さなかった。半導体不足や東南アジアで自動車部品の生産が滞ったことで、完成車の組み立てに必要な部品を確保できないとした。日産は7月末、今年度に計25万台の減産となる見通しを示しており、東南アジアでの感染状況から「さらに下振れする可能性が高い」(日産幹部)としていた。減産がさらに続くことになる。

 日産以外の7社も同様の理由で減産している。トヨタ自動車は今月15日、11月の世界生産を計画から10万~15万台減産すると発表した。8月以降に減産を数回発表しており、通年の生産計画は当初の930万台から900万台程度に引き下げている。

 ホンダは8月、今年度の世界販売台数の見通しを15万台引き下げ、485万台に下方修正した。国内生産については、8月以降の減産を相次いで発表しており、販売台数の見通しはさらに引き下げられる可能性がある。ホンダは「影響を最小限に抑えているものの、今後も引き続き不透明な状況は続く」としている。スズキは、半導体不足の影響が今年度いっぱい続くとみており、8社中最大の35万台の減産を見込む。

残り:234文字/全文:1010文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2464175 0 経済 2021/10/22 22:22:00 2021/10/23 01:50:24 2021/10/23 01:50:24 トヨタ自動車九州の宮田工場。半導体不足の影響を最小限に抑えたことも好業績につながった。福岡県で。2021年8月5日朝刊「トヨタ最高益8978億円 世界販売 急回復275万台 4~6月期」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211022-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)