読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米財政赤字、コロナ対策で過去2番目の水準に…GDP比でリーマン・ショック後を大幅に上回る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米財務省は22日、2021会計年度(20年10月~21年9月)の財政赤字が2兆7720億ドル(約315兆円)となったと発表した。過去最悪だった前年度の3・1兆ドルから11%減った。景気回復に伴って税収が増えたものの、新型コロナウイルス対策の支出が続き、過去2番目の赤字幅となった。

 歳出は4%増の6兆8180億ドルだった。1人あたり最大1400ドル(約16万円)の現金給付や失業者支援などの支出が膨らんだ。歳入は所得税や法人税の税収が伸び、18%増の4兆460億ドルとなった。

 国内総生産(GDP)と比べた財政赤字の水準は12・4%で前年度から2・6ポイント縮小した。ただ、リーマン・ショック後の09年度(9・8%)を大幅に上回る。

 バイデン政権や議会は、インフラ投資や子育て・教育支援などからなる大型投資法案の調整を進めている。財政再建には時間がかかりそうだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2464980 0 経済 2021/10/23 11:45:00 2021/10/23 11:45:00 2021/10/23 11:45:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211023-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)