読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

美浜原発3号機、再稼働から4か月で運転停止…冬場に電力逼迫の懸念も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西電力は23日、美浜原子力発電所3号機(福井県美浜町、出力82・6万キロ・ワット)の運転を停止した。東日本大震災後の新規制基準で義務付けられたテロ対策施設が、期限内に完成しなかったためだ。

美浜原発3号機(読売ヘリから)
美浜原発3号機(読売ヘリから)

 美浜3号機は、震災後、原発の運転期間を原則40年とするルールができて以降、運転開始40年超の原発として初めて6月に再稼働したが、4か月で停止に追い込まれた。今後はテロ対策施設の建設を進め、来年10月の運転再開を目指す。

 この日、美浜3号機では早朝から核分裂反応を抑える制御棒を原子炉に入れる作業に着手した。送電を止め、原子炉の運転も停止した。

 これにより、国内で稼働中の原発は7基となる。本格的な冬場を迎え、電力需給の 逼迫ひっぱく が懸念される。代替する火力発電は液化天然ガス(LNG)や原油価格の高騰で発電コストが上昇している。

 政府は22日に閣議決定したエネルギー基本計画で、原発を「重要なベースロード(基幹)電源」と位置づけた。原発が総発電量に占める割合を2019年度の6%から、30年度に20~22%に引き上げる想定だ。テロ対策施設の設置遅れで停止が相次げば、政府が目標とする温室効果ガスの削減目標の達成が危うくなる懸念もある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2464936 0 経済 2021/10/23 11:29:00 2021/10/23 13:19:23 2021/10/23 13:19:23 関西電力・美浜原子力発電所3号機。福井県美浜町で、本社ヘリから。2021年6月23日撮影。同年8月6日読売中高生新聞[NEWS DIGEST]掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211023-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)