スバルの複数販売店、客に無断で会員サービス登録…法人と個人5409件

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 SUBARU(スバル)は28日、国内の複数の販売店で、客の名前や住所などを同社が運営する会員サービスに同意を得ずに登録していたと発表した。無断登録は、会員サービスの運営を始めた2017年以降、法人と個人を合わせて5409件に上っている。

スバル
スバル

 発表によると、スバルが運営する無料の会員サービス「マイスバル」に、車を購入した客の名前や住所、生年月日などを勝手に登録していた。スバルの販売店を運営する36社で問題行為が確認された。

 このサービスでは、スバル車の情報発信を行うほか、点検整備の申し込みなどができる。サービスの登録者数を増やすため、販売店の従業員が客に無断で行っていたとみられる。

 スバルは無断登録を謝罪し、「適切な再発防止策を講じていく」としている。各販売店でも今後、客への謝罪と登録削除を行う。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2478146 0 経済 2021/10/28 19:26:00 2021/10/28 19:26:00 2021/10/28 19:26:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211028-OYT1I50087-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)