読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

欧州中央銀、量的緩和を維持…物価上昇「コロナ禍からの回復が影響」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】欧州中央銀行(ECB)は28日、定例理事会を開き、国債などを買い入れて市場に大量の資金を供給する量的緩和など現状の金融政策の維持を決めた。足元で物価上昇率が高まっており、12月の理事会で金融緩和策の変更を議論する見通しだ。

 ECBのラガルド総裁は理事会後の記者会見で、物価上昇について「コロナ禍からの回復が影響しており、来年には弱まるとみている」として、一時的な現象であると主張した。

 一方、供給網の混乱については、「物資や労働力の不足が、生産活動を押し下げている」と述べ、危機感を示した。

 今後の焦点は、コロナ禍対策の量的緩和「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)」の扱いだ。総額1兆8500億ユーロ(約240兆円)の購入枠を持つPEPPは来年3月までが期限だ。

 ラガルド氏は記者会見で、12月の理事会でPEPPについて議論すると明言した。足元の物価上昇率は、ECBが目指す「2%」を大幅に上回る状況で、来春以降の量的緩和の規模に注目が集まっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2478470 0 経済 2021/10/28 22:37:00 2021/10/28 22:37:00 2021/10/28 22:37:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)