トヨタが新型EVを来年発売、使い勝手の良さを追求…1回の充電で500キロ程度走行が可能

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は29日、新型の電気自動車(EV)「bZ4X」を2022年半ばに発売すると発表した。1回の充電で走れる距離は460~500キロ・メートル(WLTCモード)前後を確保し、乗り心地や操作性の良さなど使い勝手の良さを追求した。日中米欧など世界各地での販売を予定している。価格は未定。

トヨタの新型EV「bZ4X」(試作車)
トヨタの新型EV「bZ4X」(試作車)

 新たなEVシリーズ「bZ」の第1弾。スポーツ用多目的車(SUV)タイプで、SUBARU(スバル)と共同開発したEV専用の車台を初めて採用した。

 タイヤの曲がりを電子制御する「ステアバイワイヤ」も採用。急なカーブでも持ち替えが不要という台形状のハンドルと組み合わせて、快適な操作感を得られるという。

トヨタの新型EV「bZ4X」(試作車)
トヨタの新型EV「bZ4X」(試作車)

 太陽光発電で電力を供給する「ルーフソーラーパネル」もオプションで設定した。トヨタの試算では年間1800キロ・メートルの走行を補えるという。

 消費電力を抑えた暖房やバッテリーの適切な温度制御により、冬場でも走行距離が落ちにくくした。

 インターネットに接続してソフトウェアを更新するOTA(オーバー・ジ・エア)にも対応する。

 トヨタは25年までにbZ4Xなどの「bZシリーズ」7車種を含む計15車種のEVを投入する計画。脱炭素の流れを受け、市場への参入を本格化させる。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2480570 0 経済 2021/10/29 13:30:00 2021/10/29 18:31:33 2021/10/29 18:31:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211029-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)