読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ダイソン掃除機、中国製の「非純正バッテリー」で火災多発…使用していない状態でも発火する恐れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経済産業省は29日、バッテリーパックからの出火が原因とみられる火災事故が多発していると発表した。英家電大手・ダイソンの掃除機に装着できる2種類のバッテリーパックで、使用していない状態でも発火する恐れがある。使用を中止するとともに、発火時に燃え広がらないよう、鍋や空き缶など金属製の容器に入れて保管するよう呼びかけている。

出火の恐れがある掃除機のバッテリー(経済産業省のホームページから)
出火の恐れがある掃除機のバッテリー(経済産業省のホームページから)

 この2種類は非純正で、「Orange Line DC60」「ROWA・JAPAN DC62」と表示されている。中国製で、昨年11月から輸入販売されていた。国内では計1万5136個が売れ、9件の発火が確認されているという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2481811 0 経済 2021/10/29 19:14:00 2021/10/29 21:23:02 2021/10/29 21:23:02 出火の恐れがある掃除機のバッテリー(経済産業省のホームページから) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211029-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)