【独自】賃上げ企業の税優遇を拡充、大学10兆円ファンド…「新しい資本主義」案

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府の「新しい資本主義実現会議」(議長・岸田首相)が取りまとめる緊急提言の原案が4日、明らかになった。首相が掲げる「成長と分配の好循環」に向け、賃金を引き上げた企業に対する税制上の優遇措置を拡充するほか、10兆円規模の大学ファンドの運用を年度内に始めることを盛り込んだ。来週にも開かれる実現会議に示す。

首相官邸
首相官邸

 原案は格差の是正を図りつつ、長期的に持続可能な資本主義をつくる必要があるとした。この案を踏まえて、政府は今月中旬に経済対策を集約し、2021年度補正予算と22年度予算を事実上の「15か月予算」として一体的に編成する。

 分配政策の目玉となる賃上げの支援策としては、「非正規雇用を含めて全雇用者の給与総額の増加を対象とする」「税額控除の率を引き上げる」などとし、22年度税制改正での導入に向け、年末に結論を得るとした。赤字の中小企業の賃上げも支援するため、補助金の要件として賃上げを考慮することも示した。

 分配の原資となる成長に向けて、デジタル、グリーン、人工知能などを挙げ「必要な研究開発を複数年度にわたって支援する枠組みを設ける」と明記。脱炭素化を目指して、蓄電池の国内生産の推進や電気自動車の購入支援を盛り込んだ。

 経済安全保障を推進するための法案を早期に国会に提出することや、先端的な半導体工場を国内に設置するための支援策も挙げた。スタートアップ(新興企業)の育成では、未上場の企業買収を目的とする「特別買収目的会社(SPAC)」の導入による新たな上場環境の整備などを盛り込んだ。

新しい資本主義に関する緊急提言案の主なポイント

 ▽来年度税制改正で、賃上げに積極的な企業への控除率引き上げ
 ▽10兆円規模の大学ファンド運用を今年度中に開始
 ▽デジタル、グリーン、人工知能などの研究開発を複数年度にわたり支援
 ▽看護、介護、保育の収入を増やすため、当面の賃金引き上げを来年度予算案で検討

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2495719 0 経済 2021/11/05 05:00:00 2021/11/05 12:23:12 2021/11/05 12:23:12 首相官邸。東京都千代田区永田町で。2020年9月28日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211104-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)