不漁にあえぐ「イカのまち」、美味なキングサーモン養殖に挑む…成功なら全国初

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「イカのまち」として親しまれながらスルメイカの不漁にあえぐ北海道函館市は、「 る漁業から育てる漁業」への転換を目指し、今年度からキングサーモンの養殖研究を始めた。2026年度から完全養殖試験に入る目標を立てているが、キングサーモンは人への警戒心が強く、養殖を断念した事例もある。成功すれば全国初という挑戦だ。(橋爪新拓)

■北大と協力人工授精

函館市南茅部沖で捕獲された天然のキングサーモン=函館市提供
函館市南茅部沖で捕獲された天然のキングサーモン=函館市提供

 キングサーモンは、和名「マスノスケ」と呼ばれ、北海道では太平洋沿岸で少量しか漁獲されないため、高級魚として高値で取引される。ノルウェーやチリから輸入されるアトランティックサーモン、国内各地で養殖されるニジマス、銀ザケなどに比べ、希少性が高い。上質な脂身が多く、美味で、養殖できれば高い人気を得られる期待がある。

 函館市は4~6月、定置網で混獲された天然魚56匹を入手。メスから卵を採取し、北海道大学が冷凍保存している精子を人工授精させた。卵はかえらなかったが、市水産課の大野孝悦課長は「1年目に天然魚を確保でき、養殖計画の出だしは上々だ」と話し、「完全養殖で安定供給ができれば、天然資源依存から脱却する鍵となる。市の新たな名産品として育てていきたい」と意欲をみせる。

 11月から市内の沿岸に設置するいけすの場所を選ぶため、潮流や耐久性の調査に入る。メスは4年で成熟するとみられ、18年度にかえった北大所有のキングサーモンから22年度に採卵できる見込み。うまくいけば26年度には天然魚に頼らずに養殖を繰り返す完全養殖試験を始めたい考えだ。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2500837 0 経済 2021/11/07 14:32:00 2021/11/07 14:32:00 2021/11/07 14:32:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211107-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)