読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日産、最終益見通し1800億円に大幅上方修正…SUVなど注力で収益性改善

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日産自動車は9日、2022年3月期の連結最終利益の見通しを上方修正し、7月時点より1200億円多い1800億円に引き上げた。想定より円安・ドル高が進んでいることや、不足が続く半導体をスポーツ用多目的車(SUV)など利幅の大きな車や新型車に優先的に割り当てたことが奏功した。

日産本社
日産本社

 好調な米国市場で販売奨励金を抑制できたことや、連合を組む三菱自動車と仏ルノーの業績が改善したことも利益増につながった。

 世界的な半導体不足による減産により、22年3月期の新車販売台数は、7月時点の予想より60万台少ない380万台になる見通しを示した。アシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)はオンライン記者会見で、「台数ではなく、収益性を重視する取り組みが大きく前進している。販売の質の向上で(通期の)減収は限定的だった」と強調した。

 22年3月期の連結売上高は7月時点より9500億円少ない8兆8000億円を見込む。

 半導体不足の長期化で、10~11月の生産は計画の3割減を見込む。グプタ氏は会見で、「下期は増産して販売台数を伸ばす」と述べたが、具体的な見通しについては明言を避けた。

 同日発表した21年9月中間決算は、連結最終利益が1686億円の黒字(前年同期は3299億円の赤字)となり、2期ぶりに黒字を確保した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2507531 0 経済 2021/11/09 19:58:00 2021/11/09 21:10:42 2021/11/09 21:10:42 日産の本社が入る建物。仏自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール会長が、就任後、初めて来日し、日産自動車の西川(さいかわ)広人社長兼最高経営責任者(CEO)、三菱自動車の益子修会長兼CEOとの3社連合トップによる会談を行った。横浜市で。2019年2月14日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211109-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)