「お客様がGoTo再開を待ってる感じ」…近ツリのKNT―CT、今期の売上高予想を下方修正

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 近畿日本ツーリストを傘下に持つKNT―CTホールディングス(HD)は10日、2022年3月期連結業績予想の売上高を、5月時点の見通しから300億円少ない1500億円に下方修正した。旅行需要の回復が想定より遅れ、今後もコロナ禍「第6波」が懸念されるためだとしている。

[人生案内]長女と不仲、孫も遠ざけられ
近畿日本ツーリストの店舗
近畿日本ツーリストの店舗

 最終利益の見通しは、148億円の赤字から130億円の赤字に引き上げた。人件費圧縮、店舗削減などのコストカットや、雇用調整助成金の特例措置延長で改善を見込んだ。

 上半期にコロナ禍前の2割弱だった国内旅行売り上げは、下半期に約6割まで回復すると見込むが、足元の回復ペースは鈍い。記者会見した小山佳延専務は「緊急事態宣言が明けていきなり(需要が)戻ってくるのではなく、お客様が(需要喚起策の)『Go To トラベル』再開を待っている感じだ」と述べた。

 同日発表した21年9月中間連結決算は、最終利益が68億円の赤字(前年同期は168億円の赤字)だった。旅行需要が急減した前年同期からの反動で、売上高は前年同期比3・6倍の575億円だった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2510313 0 経済 2021/11/10 18:41:00 2021/11/10 18:41:00 2021/11/10 18:41:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211110-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)