スバルのEV「ソルテラ」公開…トヨタと共同開発、駐車は全自動

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 SUBARU(スバル)は11日、初の本格的な量産電気自動車(EV)となるスポーツ用多目的車(SUV)「ソルテラ」を公開した。2022年半ばまでに日本や北米、欧州、中国などの主要市場で販売する。

スバルが公開した新型EV「ソルテラ」
スバルが公開した新型EV「ソルテラ」

 1回の充電で走れる距離は、前輪駆動タイプで530キロ・メートル前後(WLTCモード)となる。スマートフォンで鍵の開け閉めができるデジタルキーや、駐車を全自動で行える機能をスバルで初めて備えた。価格は後日発表する。

 スバルとトヨタ自動車の共同開発で、トヨタの新型EV「bZ4X」の兄弟車となる。トヨタの国内工場で生産する。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2513290 0 経済 2021/11/11 18:04:00 2021/11/11 22:07:52 2021/11/11 22:07:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211111-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)