脱炭素目指す「レース」、トヨタなど5社連携…水素エンジン・バイオ燃料開発で協力

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車とマツダ、SUBARU(スバル)、川崎重工業、ヤマハ発動機の5社は13日、脱炭素社会の実現に向け、レースを通じて水素エンジンやバイオ燃料の開発・利用で協力する方針を発表した。

撮影に応じる(左から)マツダの丸本明社長、スバルの中村知美社長、トヨタ自動車の豊田章男社長、ヤマハ発動機の日高祥博社長、川崎重工業の橋本康彦社長(岡山県美作市で)
撮影に応じる(左から)マツダの丸本明社長、スバルの中村知美社長、トヨタ自動車の豊田章男社長、ヤマハ発動機の日高祥博社長、川崎重工業の橋本康彦社長(岡山県美作市で)
トヨタ自動車が開発する水素エンジン車(13日、岡山県美作市で)
トヨタ自動車が開発する水素エンジン車(13日、岡山県美作市で)

 トヨタは水素エンジン車でのレースを今後も続けるほか、来年はスバルと共に、バイオマス由来の合成燃料を使う新たな車両を投入する。マツダは、使用済み食用油や微細藻類の油脂を原料とした100%バイオ由来のディーゼル燃料を使ったレースを始める。

 川重とヤマハは、二輪車向け水素エンジンの共同研究を検討する。同じく二輪車大手のホンダとスズキも参加する方針だという。

 自動車業界は世界的な脱炭素化の流れを受け、電気自動車や燃料電池車の開発を進めている。水素エンジンやバイオ燃料は、メーカーが長年培ってきた内燃機関の技術を活用できるため、関連する雇用の維持も期待できる。5社はレースという過酷な条件での走行を通じ、内燃機関による脱炭素化の可能性を追求し、技術の選択肢を広げたい考えだ。

 5社の社長は13日、トヨタの水素エンジン車が出場した岡山県美作市のレース会場で記者会見した。自らもドライバーの一人としてハンドルを握るトヨタの豊田章男社長は、「自動車業界はカーボンニュートラルに積極的に取り組む産業」とし、「(脱炭素を進めたとしても)内燃機関が生き残り、かつ発展させる方法があるのではないか」と訴えた。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2518799 0 経済 2021/11/13 23:30:00 2021/11/13 23:33:43 2021/11/13 23:33:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211113-OYT1I50151-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)