「ハンドルもペダルもなし」「向き合って座る」完全自動運転EV、アップルが25年にも発売へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】米ブルームバーグ通信は18日、米アップルが早ければ2025年にも、完全自動運転システムを搭載した電気自動車(EV)を発売することを目指していると報じた。

 ハンドルやペダルがなく、乗員が互いに向き合って座るタイプを想定しているという。iPad(アイパッド)のようなタッチスクリーンを車内に備え、同社のサービスを組み込むことも検討している。

 アップルは「プロジェクト・タイタン」と呼ばれる自動車開発計画を2014年から進めているとされる。ブルームバーグは関係者の話として、アップルが最近、自動運転システムの開発で重要な節目に到達したと伝えている。目標発売時期は、年初の計画より早まっているという。車の製造にあたっては複数のメーカーとの取引を検討しており、米国で製造することも視野に入れているとした。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2531740 0 経済 2021/11/19 05:39:00 2021/12/01 06:00:03 2021/12/01 06:00:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)