読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

経済同友会に不正アクセス、経営者の個人情報など流出か…文書ファイルやメールなど計約4千件

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経済同友会は19日、事務局の情報システムに不正アクセスがあったと発表した。会員の経営者や、事務局職員、行政関係者らの個人情報が流出した可能性が高いとしている。

 流出した可能性があるのは、職員のノートパソコン数台に入っていた会議の案内状や議事録といった文書ファイルや、メールなど計約4000件。経営者や行政関係者らの氏名や年齢、電話番号、メールアドレスなどが含まれていた。

 情報システムの保守委託会社などの指摘により、15日に情報が流出している可能性があると判明。19日に警視庁などに連絡した。

 経済同友会は昨年8月、身代金要求型のコンピューターウイルス「ランサムウェア」によるサイバー攻撃を受けていた。同友会は「関係各位に多大なご迷惑、ご心配をおかけし、深くおわびする」としている。

経済同友会の桜田謙悟代表幹事
経済同友会の桜田謙悟代表幹事
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2533868 0 経済 2021/11/19 19:21:00 2021/11/20 06:40:47 2021/11/20 06:40:47 新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、経済活動の正常化に向けた経済対策について話す経済同友会代表幹事の桜田謙悟氏。東京都千代田区で。2021年9月22日朝刊[コロナと経済 針路を聞く]「接種義務化 議論が必要」掲載。◇78年早大商卒、安田火災海上保険(現損害保険ジャパン)入社。12年4月からNKSJホールディングス(現SOMPOホールディングス)社長。19年4月から経済同友会代表幹事。東京都出身。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211119-OYT1I50143-T-e1637358043389.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)