読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「赤リンゴ版ぷよぷよ」難しすぎるよ…最大8品種登場、青森県民でも「パニック」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 青森リンゴの知名度を高めようと、青森県がパズルゲーム「ぷよぷよ」の県産リンゴ版「ぷよりんご」をツイッターで公開した。最大8品種のリンゴの登場に「青森県民でも即パニック」「区別が難しい」などの反応が相次ぎ、話題を呼んでいる。

話題を呼んでいるゲーム「ぷよりんご」
話題を呼んでいるゲーム「ぷよりんご」

 ぷよぷよは、画面の上から落ちてくるブロックを同じ色でつなげて消していくゲームで、「ぷよりんご」ではブロックが県産品種のリンゴになっている。より難易度を上げるため、ブロックは「ふじ」や「紅玉」など、あえて赤いリンゴだけにしたという。ゲーム大手のセガが無料で公開しているプログラミング学習教材を使い、専門家からの協力を得て作成した。

 難易度は三つに分かれ、「やさしい」で4、「ふつう」で5、「むずかしい」で8品種のリンゴが登場する。リンゴをつなげて消去すると、「とった量」としてスコアが表示される。

 ツイッターの投稿は約2万6000件リツイート(転載)され、挑戦したユーザーからも、「難しい」との声や「13連鎖達成」など感想が寄せられている。

 27日には、「王林」や「トキ」が降ってくる「青りんご版」も公開された。県観光企画課の三上咲希子主事は「かなりの反響に驚いている。青森リンゴは種類も豊富でおいしいので、ゲームを通じて知って食べてほしい」と話している。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2553947 0 経済 2021/11/28 10:25:00 2021/11/28 13:37:52 2021/11/28 13:37:52 県観光企画課がツイッターに投稿した「ぷよりんご」の画面 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211127-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)