「日高屋ファン」に愛されて…グループ最古の店、46年の歴史に幕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR大宮駅東口の繁華街「南銀座」で親しまれてきた中華料理店「来来軒大宮南銀座店」(さいたま市大宮区)が46年の歴史に幕を下ろした。ラーメンチェーン店「日高屋」グループの最古の店舗として「日高屋ファン」に愛されてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大による売り上げ低迷などを受け、惜しまれつつも14日に閉店した。

新型コロナ担当の黄川田・内閣府副大臣が感染…国会議員で60人目
閉店した「来来軒大宮南銀座店」(14日夜、さいたま市大宮区で)
閉店した「来来軒大宮南銀座店」(14日夜、さいたま市大宮区で)

 14日午後5時に閉店すると、店先には「ご愛顧を頂きまして、感謝申しあげます」などと書かれた紙が貼り出された。午後7時頃には、店内の机を端に寄せたり、丁寧に床掃除をしたりするなど、店じまいする従業員の姿がみられた。

 日高屋を展開するハイデイ日高によると、同店は1975年3月に開店。南銀座で46年間にわたって営業を続け、390円の中華そばや230円のギョーザ(6個入り)など、安く飲み食いできる庶民の味として根強い人気を誇った。しかし、コロナ感染拡大の影響で外食客は減少。営業時間短縮や酒類提供自粛も追い打ちとなり、昨年末には、1日当たりの売り上げは最盛期の1割弱程度まで落ち込んだ。感染が落ち着き始めた今秋になっても客足は戻らず、同店が入る建物も老朽化していたこともあり、11月になって閉店を決めた。店舗跡は調理研修などで活用する予定だ。

 今も「来来軒」の名称で大宮西口、浦和西口、北朝霞、赤羽の4店舗が営業している。同社は「4店舗や日高屋などが伝統を受け継ぐ。引き続きご利用いただきたい」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2554087 0 経済 2021/11/28 12:09:00 2021/11/28 12:09:00 2021/11/28 12:09:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211127-OYT1I50124-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)