晩秋の箱根に客足戻る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 好天に恵まれた28日、神奈川県箱根町の観光スポットは行楽客でにぎわった。

マスク緩和に町の声は…皇居ランナー「息苦しかったので快適」、巣鴨の81歳「着用続ける」
多くの観光客が訪れた芦ノ湖の遊覧船乗り場(28日、読売ヘリから)=松田賢一撮影
多くの観光客が訪れた芦ノ湖の遊覧船乗り場(28日、読売ヘリから)=松田賢一撮影

 紅葉の見頃は過ぎたものの、芦ノ湖では、家族連れらが帆船を模した遊覧船に乗り込み、雪をかぶった富士山などの雄大な景色を楽しんだ。遊覧船の運営会社によると、県内では新型コロナウイルスの感染状況も落ち着き、客足はコロナ禍前に戻りつつあるという。

 山肌から勢いよく立ち上る噴煙を眺めることができる「大涌谷園地」でも、標高1044メートルに位置する約150台の駐車場が一時満車となり、入場を待つ長い車列ができていた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2554738 0 経済 2021/11/28 20:25:00 2021/11/28 20:25:00 2021/11/28 20:25:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211128-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)